日本プロ野球の国際的なレベル

セイバーメトリクス入門〜アメリカ生まれの野球数理学

スポンサードリンク

日本プロ野球の国際的なレベル

日本プロ野球はレベルが高いという評価がある一方で、
まだまだAAA(メジャーの直下のリーグ)レベルという評価もあります。

 

 

WBCで2回連続優勝してそりゃないという気持ちもありますが、
代表チームの数試合の勝敗でリーグのレベルを論ずるなら、
韓国リーグは、日本のプロ野球と同等のレベルがあるということになります。

 

 

アメリカの野球関係者の間では、日本はAAAレベルと言う人、または、
本音はそう思っている人が多いというのは、当地で取材した、
スポーツライターの方も自著で書いています。

 

 

実際、AAAで峠をすぎてメジャー昇格を諦めた選手が日本で、
主力選手になったり、タイトルをとったりします。

 

日本の代表的な選手がメジャーへ行ってもAAAへ落ち、
そこでも日本並の成績を残せないということもあるのです。

 

 

しかし、個人の成績の上下を考えたときには、そもそも同じチーム、
同じリーグにいても成績アップする選手もいれば、
下がる選手もいるわけです。

 

2軍の成績の方が、1軍成績より悪いというレギュラーもいたりします。

 

 

個々の選手をミクロ視点で見たときには、
リーグのレベルをどうこうは言えないわけです。

 

更に外国へ行くとなれば、野球以外の生活環境などの
要因も色々と考えなければいけません。

 

日本では、マイナーリーグ出身の選手が大活躍している印象があります。

 

 

しかし、実際には、AAAから来た選手で
前年のAAA時代の成績を上回れる選手は限られています。

 

これも、「代表性のバイアス」です。

 

 

つまり活躍した選手ほど印象に残りやすいということで、
全体で見れば30%いないのです。

 

ただ、ここに再考の余地のある部分があります。

 

 

日本野球に「代表性のバイアス」がかかるほど、選手を供給しているという事実です。

 

失敗が多いにせよ、毎年日本プロ野球で、
「主力を期待される」選手を出し続ける。

 

 

もし、層の厚さということならば、AAAはかなりなものです。

 

要するに、日本野球はお店。AAAは倉庫か、生産工場ともいえます。
目的の異なるリーグのレベルを比較することが意味のないこと、
なのかもしれません。

 

 

ただ、セイバーメトリクスに代表される数値分析の考え方や、事実から、
役立つ教訓を即学ぶという姿勢や、スポーツ科学は、
まだまだ、アメリカから学んでいかなければならないことでしょう。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
歴史について バッティング編 ピッチング編 守備編 戦術編