3割打てば一流でいいのか?

セイバーメトリクス入門〜アメリカ生まれの野球数理学

スポンサードリンク

3割打てば一流でいいのか?

日本では、打者の評価を決める一番の指標はなんといっても、「打率」でした。

 

3割打てれば一流。
スポーツ新聞の打者成績も打率の順番で名前が、掲載されています。

 

しかし、打率が打者のランクを決める一番有効な指標なんでしょうか?

 

 

セイバーメトリクスではこの点で疑問を投げかけます。

 

野球に限らず、スポーツにおいて、勝つことが最大の目的です。
全ての努力は勝利に向けられるわけです。

 

それが真剣であるがゆえに、楽しく、そして見ているものを感動させるのです。

 

 

では、その勝利には何が必要なのか、何が一番勝敗に関係してくるのか? 

 

まず、そこから考えたのが、セイバーメトリクス理論なのです。
当たり前の話ですが、勝利とは、攻撃視点なら、相手よりも多く得点することです。

 

 

攻撃においては「得点」が何より重要であり、それと関係の深い、
(相関があるといいます)数値を、より高く評価します。

 

その視点に立ったとき、打率とはどうでしょうか。
打率とは、ヒットを打つ可能性のことです。

 

ここには、長打力は何も、加味されません。
ホームランも内野安打も1本のヒットには変わりません。

 

 

10打数3安打は、その内容が全部ホームランでも、全部単打でも、同じ3割です。
これは、ヒットで出塁する可能性(ヒットを打っても、走塁でアウトになることはありますが)であって、
ヒットという出塁の、一つの手段だけを見ている指標です。

 

 

そして打率は、四死球を全て投手側の失敗ということで、
打者の能力として考慮していないのです。

 

しかし、セイバーメトリクスでは塁の獲得数でみたときに、
単打と四死球は、同価値とみなします。

 

 

そして得点との関係が深いものは、出塁することだと分析します。

 

更に、出塁のときにどれくらい先の塁を獲得するかが重要であって、
その内容がヒットだろうが四球だろうが、出塁して塁を一つ獲得するなら、
得点との関係は全く同じです。

 

 

つまり「得点」というものを重視したときには、打率ではなく、
どのような形でも出塁する可能性を指標化した、「出塁率」を重視するのです。

 

 

打率3割を、クリアしたから一流打者という世間の評価は、
野球という文化の中で、定着したものです。
打率には、打率の価値があります。

 

しかし、それは打者の能力を測る万能の指標ではないということです。

 

 

セイバーメトリクスでは、勝利と関係の深い「得点」。

 

 

そして「得点」に関係の深い「出塁」という観点に立てば、
より重要なのは、「出塁率」ということになるのです。

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
歴史について バッティング編 ピッチング編 守備編 戦術編